logo

グーグル、Google MapsのStreet View機能に顔ぼかし技術を導入 - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年05月14日 08時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何年もの積み重ねた研究

 Hanke氏によると、同社は顔ぼかし技術そのものの研究に1年、その前の基礎研究に複数の年数を費やしたという。

 人は視覚野におけるニューロン活動の助けを借りながら、難なく顔面を検出する。しかし、コンピュータサイエンス分野でこれを実現するというのは、長い間、人々が取り組んできた課題だ。そしてようやく、デジタルカメラで被写体をトラッキングして正確に捉えたり、被写体の笑顔を検出するようになるなど、基本技術の実運用が始まった。

 だが、Google Street Viewにはいくつか複雑な潜在的問題がある。誤検出により看板や工芸品の顔面がぼかされ、Street Viewの品質が若干損なわれる可能性があるだけでなく、本物の人間の顔面を認識し損なって、プライバシーの問題が浮上する可能性さえある。

 Googleは自社の技術について、概して正しいテクノロジーバランスを確保していると考えている。

 Hanke氏は、「これは良く機能している。フィルタリングのため、さまざまな技術を使用している」と述べるが、「完璧というわけではない」と付け加えた。

 コンピュータのアルゴリズムを組み立てる上で、よくぶつかる問題は真正面を向いていない顔面の認識だ。この問題はGoogleにとって重要である。なぜなら、頭髪や電柱などによって不鮮明な顔面でも、すぐに身元を確認できる可能性があるからだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]