logo

成約率に応じて単価が変動--コネクトテクノロジーズ、モバイル広告配信事業に参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コネクトテクノロジーズは、携帯電話向けの広告配信プラットフォーム「アドパワープラス」にて、5月14日より広告配信サービスを開始する。

 アドパワープラスは、広告クリック後の約定率などをもとに、自動的に広告の配信を最適化し、広告とサイトのマッチングを図る点が特徴。コンバージョンに応じて媒体の受け取るクリック単価が変動するようになっており、広告効果の高い媒体ほど、収入が多くなる仕組みをとっている。不正クリックをすると媒体のコンバージョンが下がり、クリック単価も下がるため、不正行為が行われにくくなるという。

 サイトは3月に開設しており、広告主の募集をしていた。また、5月9日からは媒体の登録も可能となっている。14日からは広告入稿や広告の管理が可能となる。

 アドパワープラスの導入により、広告主にとっては広告効果の最大化を、サイトオーナーにとってはサイト収益の最大化ができるとコネクトテクノロジーズでは説明している。

-PR-企画特集