[レビュー]防水Xactiセカンドステージへ--三洋電機「Xacti DMX-CA8」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三洋電機
内容:昨年登場し、息の長いヒットモデルとなった三洋電機の防水Xactiの新製品が発表された。人気の防水性能はそのままに800万画素のCMOSセンサー、顔認識機能、シームレスな動画、静止画撮影と撮影機能を強化させ、より使い勝手の良い防水ビデオカメラへと進化した。

CMOSセンサー採用で画素数アップ&高速起動

 本機は、三洋電機のデジタルムービーカメラXactiの防水モデルである。前モデル「Xacti DMX-CA65」から、防水保護等級JIS IPX5/IPX8相当の防水性能を受け継いでいて、水深1.5m以内で60分まで水中使用が可能だ。この本格的な防水機能によって、水辺はもちろん、雨天やスキー、スノーボードなど、撮影場所を選ばずにムービー&スチル撮影が楽しめる。

 撮像素子に、ムービー撮りとスチル撮影を両立できる約812万画素の1/2.5型CMOSセンサを新採用し、静止画の撮影解像度が前モデルの600万画素から800万画素にアップされた。ムービー記録には、高圧縮&長時間撮影が可能なMPEG-4 AVC/H.264を継承し、さらにCMOSをいかした毎秒60フレームのなめらかなムービーの記録再生を新たに実現している。

 記録は約44Mバイトの内蔵メモリのほか、SD/SDHCメモリーカードに対応し、価格が手頃になった大容量のSDHCカード(最大32Gバイトまで対応)をムービー撮影に活用できる。

 フォルムとサイズは前モデルとほぼ同じで、非防水モデルと比べるとやや大型で重量感があるが、手に余るほどではなく、ホールドするには程良いサイズといえるだろう。ブルー、オレンジ、ホワイトから選べるボディカラーはアクティブな印象で、スポーツシーンによりなじむデザインになった。

  • ブルー、オレンジ、ホワイトから選べるボディカラーはアクティブな印象のものをラインアップ

  • JIS IPX5/IPX8相当の防水保護機能を装備。雨の日や水辺でも気兼ねなく使える

  • 片手で握って親指で操作する人間工学的なグリップデザインを継承

  • このエントリーをはてなブックマークに追加