logo

オペラ、「Opera 9.5 Beta 2」を公開--新機能「Quick Find」追加

文:Jessica Dolcourt(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年04月25日 08時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Opera Softwareは米国時間4月24日、同社ブラウザ「Opera 9.5 Beta 2」を公開した。同ブラウザは、WindowsMac、Linuxに対応しており、過去に訪れたことがあるURLを簡単に見つけ出せるQuick Findと呼ばれる機能を搭載した。

Quick Find Quick Find機能
提供:CNET Networks
※クリックすると図が拡大されます。

 Quick Findは基本的に、キーワード検索をOperaブラウザに直接バンドルしたもの。キーワードの一部をタイプすると、過去に訪れたことがあるURLのリストが作成される。表示されたURLをクリックするだけで、目的のウェブページを開くことができる。

 「Opera Mini」を使ったことがあれば、Quick FindがOpera Mini 4.1の「find in page」に似ていることが分かる。

 今回のベータ版には他にもアップデートが含まれるが、ユーザーに直接関係する新機能はQuick Findだけとなる。また、Operaは、同社組み込みクライアント用の高速電子メールレンダリング、Extended Validation(EV)SSL証明書のサポート、PhishTankおよびNetCraftデータベースとの協力によるフィッシング対策などを発表している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集