logo

地図サービス「PetaMap」がリニューアル--「グルメぴあ」などと情報連携も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニースタイル・ジャパンは4月24日、ソーシャル・マッピングサービス「PetaMap(ペタマップ)」をリニューアルし、新機能を追加したと発表した。今回のリニューアルによって他の企業サイト(パートナーサイト)と連携し、質の高い公式スポット情報をユーザーに提供する「オフィシャルエリア」を設けたほか、口コミ情報の共有を活性化させる「みんなのエリア」を新設した。

 オフィシャルエリアでは、同日より「cafeglobe.com」の2500件以上のショッピングおよびレストランスポットや、ソニーが展開するBlu-rayディスクを使って東京の街並みを撮影する「東京×Blu-ray」などの撮影スポット提供を開始。また、5月中旬以降には「グルメぴあ」の約2万件におよぶ全国のグルメスポット情報や、国内最大級のゴルフ総合サイト「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」のゴルフ場スポット情報2400コース、世界のWiFiコミュニティプロジェクト「FON」をはじめとする全国の無線LANスポット情報も提供される。

 一方、みんなのエリアでは、ユーザー間コミュニティの更なる活性化を図り、同日より「パワペタマップ」の提供をスタート。パワペタマップは、コナミデジタルエンタテインメントから発売予定の「実況パワフルプロ野球ポータブル3」で使用できる、公式無線LAN電波発信スポット「PoTaCa配信スポット」情報を提供するほか、実況パワフルプロ野球ポータブル3の発売日以降は、ゲームファンをはじめとするユーザーからのスポット登録を開始する。

 また、JCA(Japan Cycling Association)とのタイアップによる「自転車でお出かけエリア」なども提供される。

 なお、PetaMapに登録されたスポット情報は、オフィシャルエリア情報も含めて「プレイステーション・ポータブル(PSP)」専用の実用地図ソフト「みんなの地図3」や、5月1日発売予定のPSP専用の地図・エンタテインメントソフト「ニッポンのあそこで」で利用可能となる。

PetaMapトップ画面 PetaMapトップ画面

-PR-企画特集