[レビュー]隣の人より8分の1の静けさ--ビクターのノイズキャンセリングヘッドホン「HP-NC250」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビクター
内容:“定番”の域に達したノイズキャンセリングヘッドホンだが、選びどころは人それぞれ。1つの基準となるのがヘッドホンの形状だ。「ヘッドホンはしっかり耳を覆えるオーバーヘッドタイプ」という人に向け発売されたビクターのノイズキャンセリングヘッドホン「HP-NC250」は、大きくなりがちな形状をコンパクトに仕上げた独自技術が光る製品だ。

ノイズキャンセリング効果の実力は?

 今回紹介するノイズキャンセルヘッドホン「HP-NC250」は、なんと周囲の騒音を8分の1に軽減するという触れ込みだ。普段からノイズキャンセリングヘッドホンを愛用しており、その効果の魅力を知っているだけに、興味がわくところだ。

 いきなりだが、まずは結果から。確かに周囲の騒音をカットしているようには感じられるが、思ったほどではないように感じる。普段使っているノイズキャンセリングヘッドホンがカナルタイプであるため、ノイズキャンセリング機能の強弱以上に耳の遮蔽性の高さにより、強い効果が出ているとは思うが、普段使いしているヘッドホンと比べて、同等かそれよりちょっと弱い気がする。

 ハウジング部を2重構造にすることで、遮音性を高めており、中高音域のノイズも軽減するとのことだが、その効果が如実に表れているかどうかは実感しずらい場面もある。イヤーパッドの装着感なのか、サイズなのか、どうもしっかりと耳をカバーしきれていないような印象だ。ただ、イヤーパッド自体は、低反発素材を使用しているらしく、肌触りや着け心地は良好だ。

  • 外出先での使用がメインのため、オーバーヘッドタイプながら小型サイズだ

  • ヘッドバンドの上部にはパッドにより装着感がよく圧迫感もない

  • ヘッドバンドはアジャスターつきで、サイズを変更が容易だ

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加