logo

工人舎、「KOHJINSHA SA シリーズ」に5万9800円の超低価格モバイルノートPC

エースラッシュ2008年04月15日 13時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 工人舎は4月15日、モバイルノートPC「KOHJINSHA SA シリーズ」に機能を厳選した5万9800円の低価格モデルおよびOffice搭載モデルを追加、4月18日より販売を開始すると発表した。

 今回発売されるのは、5万9800円という低価格を実現した「SA5KX08AL」と、7万9800円でOfficeを搭載した「SA5KX08FL」の2モデルだ。スペックはいずれも同じで、本体サイズが高さ25.4mm×幅218mm×奥行き163mm、標準バッテリ装着時の重量は約945g。

 CPUにはAMD Geode LX800、OSにはMicrosoft Windows XPを採用しており、512Mバイトメモリと80Gバイトのハードディスクドライブ(HDD)を備えている。ディスプレイは7型ワイドTFTカラー液晶で、SDメモリーカードやCF カード(Type-II)対応のカードスロット、本体左右にはUSB2.0ポート×2、プレゼンテーション時に便利なアナログCRTポートも搭載している。

 製品の受注および販売は、上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ベスト電器、ヨドバシカメラの主要店で4月18日より開始、同社ウェブサイトでは4月15日より受注を開始し、4月18日より販売が行われる予定だ。

「KOHJINSHA SA シリーズ」 左から「SA5KX08AL」「SA5KX08FL」

-PR-企画特集