logo

MSの地図検索サービス、日本が3D表示機能に対応

鳴海淳義(編集部)2008年04月11日 13時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトの地図サービス「Live Search 地図検索」ベータ版がパワーアップした。日本も3D機能に対応し、立体的な地図を表示できるようになった。表示地域は東京都中心部からスタートし、今後大都市や観光都市に拡大していく予定だ。

 Live Search 地図検索の3D機能は、2006年10月に初めて米国向けに公開された。日本は6カ国目の対応で、アジア地域では初。

Live Search 地図検索六本木を3Dで表示した。手前に六本木ヒルズが、奥にミッドタウンが見える。(クリックすると拡大します)

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集