KDDI、新会社「KDDIチャレンジド」を4月14日に設立--障害者の雇用促進目的に

松田真理(マイカ)2008年04月08日 21時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは4月8日、障害者の雇用促進を目的とした新会社「KDDIチャレンジド」を4月14日に設立すると発表した。同社では4月1日、多様な人材の活用などを目的とした「ダイバーシティ推進室」を人事部内に設置している。

 ダイバーシティ推進室では、多様な人材の活用から女性社員活躍の推進、育児や介護の支援、障害者の雇用促進などの施策強化を目指す。

 KDDIチャレンジドは、リサイクルのための携帯電話端末分解業務や総務業務などをKDDIから受託し、主な事業とする。2008年度には、障害者を約20名採用する予定。2009年度には職域を拡大し、約2倍の雇用規模を目指すとしている。

 なお、KDDIチャレンジドでは、10月をめどに障害者雇用促進法に定める「特例子会社」の認定を申請するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加