シーエー・モバイル、電子書籍事業を分割して新会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーエー・モバイルは4月1日、同社の電子書籍事業を分割し、全額出資子会社として、「株式会社ニューネス(Newness, Inc.)」を設立した。

 シーエー・モバイルは、モバイル向けとして、広告事業、コマース事業、コンテンツ事業、ソリューション事業を展開している。

 このたび、モバイル向けの電子書籍事業を分割。新会社にて、3キャリア公式の「まんが堂」、学習まんが専門の「歴史まんが堂」のほか、広告収益モデルの無料コミックおよびケータイ小説の「枕草子」などを運営する。

新会社の資本金は5000万円で、100%出資のシーエー・モバイルが株主となる。東京都渋谷区に本店をかまえ、代表取締役には、佐々木美紗氏が就任する。

 シーエー・モバイルでは、今回の会社設立により、意思決定の迅速化と事業環境の変化への柔軟な対応を実現し、さらなる事業拡大を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加