logo

「Mac」シェア、米消費者市場で21%に--Piper Jaffrayアナリスト予想

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年04月02日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は、Appleが2009年に4500万台の「iPhone」を販売するとの予測を米国時間3月31に発表したのに続き、強気な予想を再び発表した。

 Munster氏は米国時間4月1日にリサーチノートを発表し、Appleの「Mac」が米国消費者市場でシェア21%を獲得し、全世界における市場シェアが約10%となると予想した。同氏がこのような結論を得た背景には、市場調査会社IDCが発表した統計がある。IDCは、全世界PC市場におけるAppleのシェアが2006年から2007年に2.4%から2.9%成長したことを発表している。Munster氏によると、世界PC市場の70%は、Appleの主戦場でないエンタープライズコンピューティングが占めているという。そのため、21%という数字は、米国の消費者市場のみを対象としているという。

 これらは単なる予想にすぎないが、少なくともAppleは2008年に好スタートを切っている。小売販売の調査を専門とするNPDは、Appleのコンピュータ事業が2月に顕著な伸びを見せたことを示す証拠を見つけている。NPDの見積もりによると、Macの全出荷数は他のPCメーカーと比べて60%上昇し、9%成長するという。

 また、Munster氏は、Dell.com、HP.com、Lenovo.comなどのデータを集め、Windowsマシンに比べてMacの価格が非常に高いことが批判の対象となっているが、平均的なApple製デスクトップは16%、そして、ノートブックは9%高価であるという結論を得ている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集