グーグル、YouTubeビデオ用の統計サービスを提供

文:Dan Farber(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年03月27日 20時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、無償で統計結果を提供する同社サービスにYouTubeを加えた。「YouTube Insight」は、コンテンツクリエーター、コンテンツパートナー、広告主にビデオの稼働に関する情報を提供する。ここでは、ビデオが得た視聴数、コメント数、お気に入りの数など、現在表示されている基本データ以上の情報する、とYouTubeのプロダクトマネージャーTracy Chan氏は述べている。Googleでは、広告を計測するGoogle Readerなどのサービスを既に提供している。

 YouTube Insightは、ビューアーや場所(米国の州ごとなど)、そして、時間による視聴の変化に関するデータを提供する。データは、インタラクティブな地図や時間軸を使って示される。YouTube Insightでは、広告が視聴率に与える影響、最多視聴率を得る時間や曜日、最も良いパフォーマンスを得るビデオのバージョンなどを見ることがきる。データは毎日更新される。

提供:YouTube

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加