logo

YouTubeの動画をリストで保存、動画ポッドキャストを楽しめる「ListPod」

岩本有平(編集部)2008年03月24日 16時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワディット代表取締役、オモロキ取締役兼CTOの和田裕介氏は3月23日、YouTubeで公開されている動画のマイリストを作成し、ポッドキャストとして配信するサービス「ListPod」ベータ版を公開した(編集部注:15時40分現在サーバメンテナンス中)。

 ListPodは、ユーザーYouTubeで公開されている動画を「マイリスト」に登録し、そのマイリストのRSSフィードをポッドキャストとしてiTunesに登録することで、マイリスト上の動画をiTunesで再生できるようになるサービス。動画はH.264形式のMP4ファイルに変換されるため、動画再生に対応したiPodなどのプレーヤーでの視聴も可能だ。

 マイリストへの登録は、キーワードを検索し、その検索結果から選択する形式となっており、サイト右側には検索キーワードのタグクラウドも表示される。さらに、マイリストはサイト上で公開されるため、ほかのユーザーが作成したマイリストをiTunes上に取り込むといったこともできる。

 利用は無料となっており、ログインおよびユーザー登録にはOpenIDを利用する。

 和田氏は以前より、自身のブログ「ゆーすけべー日記」でPlaggerを利用して、YouTubeの動画をiTunesやiPodで視聴するという技術を紹介していたが、「知っている人には便利だったが、一般の人には難しいものだった」と語る。そして先日、YouTubeが仕様変更をきっかけにListPodの提供を考えたという。

 「元々は自分の欲しかったサービスだが、今後はListPodを通じて映像の新しい楽しみ方を提供して行きたい」(和田氏)。なお、同サービスは同氏の個人サービスという扱いで、商用化については予定していない。

 ListPodは今後、ユーザーのフィードバックを元にして、コミュニケーション機能などの機能追加や英語版サービスの提供などを予定している。

-PR-企画特集