logo

マイクロソフトとオウケイウェイヴ、業務・資本提携を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米マイクロソフトとオウケイウェイヴは3月11日、業務・資本提携に関する契約を締結したと発表した。マイクロソフトが展開する検索サービス「Live Search」を始め、ウェブサービス「Windows Live」、インターネットポータルサイト「MSN」と、オウケイウェイヴが展開するQ&Aサイト「OKWave」の連携を深めることで、両社サービスの利用者へのより高い付加価値のサービス提供とさらなる利便性の向上を図ることを目的としている。

 業務提携をより密接、確実に進めていくため、マイクロソフトは、オウケイウェイヴより第三者割当による発行新株式9,000株の引受を行い、出資比率を10.52%とする。マイクロソフトによる日本のオンラインサービス事業においては初の日本企業との資本提携となっている。

 Q&Aサイトは、米国インターネット業界においては2006年頃から急激な成長を示しており、国内インターネット業界においてもウェブ検索だけでは探しにくいインターネット上の知識情報検索の一翼として、あるいは昨今注目を集めるくCGMのひとつとして、今後大きな市場を生み出すものとして期待されている。

 マイクロソフトは、オウケイウェイヴのコミュニティサービスへの知識とQ&Aインフラを活用することで、検索サービス「Live Search」を始め「Windows Live」や「MSN」の各サービスと「OKWave」のQ&A機能の連携強化を図っていく。またオウケイウェイヴは、「MSN」および「Windows Live」の国内3500万人の利用ユーザーへのQ&Aの提供を促進し、ウェブ検索に次ぐ新たなインターネット市場の創出を進めるとしている。

-PR-企画特集