グーグルのシュミットCEO、ダブルクリック統合時の人員削減を示唆

文:Elinor Mills(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年03月12日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleによるオンライン広告企業DoubleClickの買収が欧州委員会によって現地時間3月11日に承認されたのを受けて、Googleの最高経営責任者(CEO)であるEric Schmidt氏はブログ記事を投稿し、DoubleClickをGoogleの事業に統合する過程で従業員を削減するかもしれないと注意を促した。

 「ほとんどの企業合併のケースと同様に人員削減を実施するかもしれない。人員削減は米国で予定しているが場合によってはその他の地域でも実施されるかもしれない」とSchmidt氏は書いている。米国の適正な従業員数を決定するプロセスは4月初めまでに終了する予定だが、米国以外の地域についてはさらに時間がかかる可能性もあるとSchmidt氏は述べている。

 Schmidt氏はまた、買収後も消費者のプライバシーは保護されると保証した。「さらにGoogleの規模とインフラによって、ユーザーはウェブページを読み込む時間が短くて済むようになる」とSchmidt氏は書いている。

 欧州委員会は数カ月の審査の末に2つの企業が合併しても市場の競争が損なわれることはないとの結論を出し、最終的に合併を承認した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加