SixapartやGoogleのアノ人がメール術を指導--学生団体がイベント開催

鳴海淳義(編集部)2008年03月11日 23時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 学生団体LabITが3月30日に、学生や若手社会人を対象としたメールコミュニケーション術に関するイベントを開催する。シックス・アパート 代表取締役の関信浩氏やGoogle シニアプロダクトマネージャの及川卓也氏、時事通信編集委員の湯川鶴章氏が直接メール作法を指導してくれるという貴重な場だ。

 内容は三部構成。第1部の基調講演には『メール道』の著者で、久米繊維工業株式会社 代表取締役・明治大学商学部講師の久米信行氏が登壇し、相手も自分も幸せになる「メールの作法」「仕事効率を向上させるノウハウ」を語る。

 第2部のパネルディスカッションでは、及川氏、関氏、湯川氏、マイクロソフトの金尾卓文氏といった、IT・報道の分野で活躍する4名のパネラーが、「ビジネスにおけるメールの役割」を議論する。

 さらに第3部では、上記パネラーによる公開指導が行われる。指導希望者が事前に送ったメールをもとに、各パネラーがより良いメールを書くためのアドバイスを行う。

 開催概要は下記の通り。申し込みはこちら(3月25日締切)。

  • 日時:2008年3月30日(日) 17:30〜19:45(休憩時間を含む)
  • 会場:マイクロソフト本社ビル(新宿小田急サザンタワー内)
  • 参加費:無料
  • 対象: 4月入社予定の学生、現在就職活動中の学生、若手社会人など
  • 定員:100名
  • このエントリーをはてなブックマークに追加