logo

フォトレポート:ジュネーブモーターショーでベンツが新モデルを披露 - 4/8

文:CNET Reviews Staff 翻訳校正:矢倉美登里、吉武稔夫、緒方亮、長谷睦2008年03月13日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Mercedes-Benzが自ら「4ドアクーペ」と称するCLS-Classは、2009年式モデルではマイナーチェンジされる。ラジエーターグリルのルーバーの本数が現行モデルより減るほか、ミラーも新デザインとなり、テールランプにはLEDが採用される。新モデルではエンジンが3種類用意される。「CLS 280」は、231馬力の3リッターV6エンジンを搭載する。「CLS 350 CGI」は、280と同じエンジンの直噴タイプで、パワーは292馬力までアップする。「CLS 500」は、入念にテストを重ねた5.5リッターV8エンジンで、388馬力を実現した。
Scroll Right Scroll Left

 Mercedes-Benzが自ら「4ドアクーペ」と称するCLS-Classは、2009年式モデルではマイナーチェンジされる。ラジエーターグリルのルーバーの本数が現行モデルより減るほか、ミラーも新デザインとなり、テールランプにはLEDが採用される。新モデルではエンジンが3種類用意される。「CLS 280」は、231馬力の3リッターV6エンジンを搭載する。「CLS 350 CGI」は、280と同じエンジンの直噴タイプで、パワーは292馬力までアップする。「CLS 500」は、入念にテストを重ねた5.5リッターV8エンジンで、388馬力を実現した。

CLS-Class(提供:CNET Networks)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]