logo

The Beatlesの曲は「iTunes」では販売しない--マイケル・ジャクソン経営の会社、報道を否定

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年03月11日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Beatlesの大部分の曲の権利を保有する会社が、The BeatlesとAppleが契約を結んだという報道に対し疑問を呈している。

 ソニーと歌手のMichael Jacksonさんによる合弁事業であるSony/ATV Music Publishingは、The Beatlesの曲が近く「iTunes」で販売されるようになるというロンドンからの報道を否定した。Sony/ATV Music Publishingの広報はCNET News.comに対し、報道は「事実ではない」と述べた。

 Sony/ATV Music Publishingは、極めて信用の高い情報源だ。EMI GroupがThe Beatlesのレコーディングに関する権利を保有するのに対し、Sony/ATV Music Publishingは同グループの大半の曲の出版権を所有している。Sony/ATVの広報は、そのような契約が結ばれれば、Sony/ATVは「その全容について報告を受ける」はずだ、と述べた。

 The Beatlesの曲をiTunesで販売することについては、何カ月かに1度の割合で話が持ち上がっている。今回は英国の3大紙が匿名の情報筋の話として伝えていることから、今回の報道は確かな根拠に基づくもののとされていた。

 ある音楽業界筋によると、The Beatles側とAppleは2008年中にも合意に達する可能性があるが、現時点では何も決まっていないという。

 EMIとAppleの広報は、今回の件についてコメントするのを拒否した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集