32型でフルHD--東芝、液晶テレビ「REGZA 32C3800」を追加

エースラッシュ2008年03月03日 19時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は3月3日、液晶テレビ「REGZA」シリーズに、同社初となる32型のフルHDパネル搭載の液晶テレビを「32C3800」を3月16日より発売すると発表した。

 32C3800は、32型としては同社初のフルHDパネルを搭載した地上、BS、110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビだ。高精細フルHD液晶パネルや高画質映像処理システム「新メタブレイン・プロ」の採用により、テレビ番組視聴だけでなくPCやゲームを接続した際も高精細な映像表示が行える。

 また、7チャンネル6時間の番組を表示できる「レグザ番組表・ファイン」、番組視聴中に別チャンネルの番組情報を見られるミニ番組表、便利な「レグザリンク(HDMI連動)」対応など上位機同様の機能も備える。

 今回の新製品追加により、32型のCシリーズはフルHDパネルを採用した本機32C3800と、既発売のワイドXGAパネルを採用した「32C3500」の2ラインアップ構成となる。価格はオープン価格だが、店頭想定売価は19万円前後になる見込みだ。

REGZA 32C3800 東芝「REGZA 32C3800」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加