NTTの次世代ネット、サービス名は「フレッツ光ネクスト」--3月末に一部地域でサービス開始へ

岩本有平(編集部)2008年02月28日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTT東西は2月27日、2008年3月末に開始を予定している、次世代ネットワーク(NGN)の商用サービスの概要を発表した。

 発表によると、NGN商用サービスにおける光ブロードバンドサービスのサービスは「フレッツ光ネクスト」として展開。これまでのひかりIP電話に加え、NGNならではの広帯域化、品質確保機能(QoS)を利用し、多彩な新サービスを提供するとしている。

 具体的には、よりクリアな音声の高音質ひかり電話、ハイビジョン品質のテレビ電話、映像配信事業者と連携した高品質VoD(ビデオオンデマンド)、地上デジタル放送IP再送信等のサービスの提供を予定している。月額料金は、NTT東日本の戸建向けが4305円、集合住宅向けが3045円、NTT西日本の戸建向けが4515円、集合住宅向けが3255円。

 サービス開始時期は、フレッツ系、ひかり電話系サービスが2008年3月末に、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪の各都府県の一部エリアで提供を開始。以降、年度内に政令指定都市、県庁所在地級都市の一部における提供を開始し、2010年度末までにに現行のフレッツ光サービス提供エリアまでの拡大を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加