logo

B・ゲイツ氏:「MSがヤフーを必要とする理由」(後編) - (page 4)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、矢倉美登里、大熊あつ子、佐藤卓、福岡洋一2008年02月25日 10時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--Windowsの次世代版は、ニッチなものを超えた自然言語のインターフェースを備えたものになるのでしょうか。それとも、「Windows Vista」以降も今までと同じくニッチなものになるとお考えですか。

Gates:Vistaの次のバージョンは、音声に関して大きな進歩を遂げたものになります。手書き認識についても大きな前進があり、タッチ機能についても大きな1歩を刻むものとなります。われわれはハードウェア会社と協力して開発を進めているので、私の見たところ、ある種のフォームファクタではまもなくタッチ機能が主流になるでしょう。

 音声と手書きについては、(タッチ機能より)見通しがやや難しいです。私は手書きの大ファンです。ですから、学生がみんなそうであって欲しいと思っているのです。そう、そろそろ、単にWindowsのポータブルマシンではなく、メモ帳モードに入れてスタイラスペンも使えるマシンが欲しい、というふうになって欲しいのです。われわれには「Microsoft Office OneNote」という製品があります。これは人々に手書き情報を管理できるアプリケーションソフトウェアを示すという意味で、大きな役割を果たしてきました。近ごろは、学校もこれを使ってカリキュラムを組むようになってきています。今われわれはそのフィードバックを集めています。Microsoftには、Anoop Gupta氏率いる教育関連部門があります。Gupta氏のグループは、OneNoteを受け持って強化に取り組んでいます。そして「SharePoint」も強化してOneNoteを運用できるようにしようとしています。ですから、手書きについては未確定と言わざるを得ません。しかし、あえて私は(次世代版に)入ると言っておきたいと思います。もちろん、ひいき目ではありますが。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]