ソーテック、ソーテックダイレクト専用PC 2モデルを発売--HDMI出力端子搭載モデルも登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーテックは2月21日、HDMI出力端子を搭載したBTO対応コンパクトスリムタワー「PC STATION DS7000」および、インテル製新世代デュアルコアCPUの選択も可能な15.4型ワイド輝き液晶搭載のBTO対応スタンダードノートPC「WinBook DN3030」の2モデルを発表した。同日より、ソーテックダイレクトにて販売を開始する。

 PC STATION DS7000は、横幅約78mmのコンパクトスリム筐体を採用した。左右非対称のアシンメトリーのデザインに、電源オン時に柔らかな光が浮かび上がる「フローティングイルミネーション」を搭載し、プライベートルームやリビングに映える美しいスタイルに仕上げた。PC本体を横置きで設置することも可能で、たとえばリビングのAVラック等に収納するなど、使用環境に合わせて自在にレイアウトできる。

 映像と音声を同時にデジタル伝送できるHDMI出力端子を標準搭載し、HDMI入力対応のディスプレイやテレビにケーブル1本で接続できる。

 最小構成で、インテル Pentium デュアルコア・プロセッサー E2160を搭載した。また、1333MHz FSBに対応した最新デュアルコアCPU インテル Core 2 Duo プロセッサー(E6550・E6750・E6850)の選択が可能。エンタープライズやゲーム、3D、マルチメディアなど、さまざまな使用状況で高度な処理性能を発揮する。

 価格は最小構成で6万9800円より。なお、おすすめ構成モデルとして、インテル Core 2 Duoプロセッサー E6550、Microsoft Windows Vista Home Premium、2GBシステムメモリ、320GB HDDの「DS7000-vista」がある。こちらは9万9800円より。

 WinBook DN3030は、先月発表されたばかりの45ナノメートルプロセスを採用した新世代デュアルコアCPU インテル Core 2 Duoプロセッサー T8100の選択が可能。消費電力の削減を実現するとともに、大容量3MB L2キャッシュを搭載し、パフォーマンスの向上を実現した。複数の作業を同時に実行する際にも、高い処理性能を発揮する。

 本体ボディは、インテリアに調和するツートンカラーのスタイリッシュな筐体を、従来モデルより引き続き採用。ディスプレイには15.4型ワイド輝き液晶を搭載し、動画や画像も広々と快適に楽しめる。また、大きい印字で見やすい19mmピッチのフルサイズキーボードや、メールソフトやインターネットを瞬時に起動するワンタッチボタンを搭載し、わかりやすく簡単・快適な使い心地に配慮した。

 価格は採用構成で6万9800円より。おすすめ構成モデル「DN3030-vista」は、インテル Core 2 Duoプロセッサー T8100、Microsoft Windows Vista Home Premium、無線LANを搭載し、9万9800円からとなる。

説明 ソーテック「WinBook DN3030」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加