logo

B・ゲイツ氏、マイクロソフトとスタンフォード大学の結びつきを強調

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月20日 18時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州パロアルト発--Microsoft会長のBill Gates氏は米国時間2月19日、スタンフォード大学の会場を埋め尽くした学生に向かって冗談交じりにスピーチを行った。

 Gates氏は、同社CEOのSteve Ballmer氏がスタンフォード大学に通ったことに触れた。だが、Gates氏が同大学のMBAプログラムを受講していたBallmer氏に対し、退学してMicrosoftに入社するよう説得したのだという。スタンフォード大学を卒業したMicrosoft社員としては、同社研究部門トップのRick Rashid氏、Windows Liveを率いるChris Jones氏などがいる。

 「この大学には感謝している」とGates氏は言う。そして、観衆を和ませようとして、先の「Consumer Electronics Show(CES)」で披露したビデオのアップデート版を上映した。これは、Gates氏現役最後の日を面白おかしく予想したユーモアたっぷりのビデオだ。Gates氏がMicrosoftでフルタイムで勤務するのは6月末までの予定で、その後は多くの時間を慈善活動に費やすことになっている。

 Gates氏のスタンフォード大学訪問の表向きの目的は、開発ツールを無償で提供するというMicrosoftの取り組みを紹介するためだ。だが、集まった観衆は、Microsoftが400億ドルを上回る金額を提示しているYahooの買収など、ほかの話題を聞きたがっているはずだ。その一方で、Microsoftは将来の雇用を念頭に、学生の心をつかもうとスタンフォード大学とライバルのカリフォルニア大学バークレー校を頻繁に訪問している。

 Gates氏がYahooにしかけている買収提案について、偶然でもなにかコメントすれば大ニュースだ。QAセッションが、なにか引き出せるチャンスになるかもしれない。

 太平洋標準時午後5時15分:Gates氏はYahooについて何も触れなかった。驚くことに、学生はだれもYahoo買収について質問しなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集