logo

ヤフー、次世代版ウェブメールを公開--20万人限定でベータテスト

鳴海淳義(編集部)2008年02月20日 13時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは2月20日、ウェブメールサービス「Yahoo! メール」の次世代版をリリースした。ドラッグ&ドロップ、プレビュー表示、タブの切り替えなど、クライアントソフトのような操作感を実現した点が特徴だ。

 テストに参加できる20万人は申し込みの先着順。テスト参加者は新旧のインターフェースを自由に切り替えることができる。また2月25日より広告表示を開始する。

 ベータ版の利用に必要な環境は、OSがWindows Vista/XP、Mac OS X。ブラウザはIE 6.0以上、Firefox 2.0以上。ほかにFlash Player 9.0.28以上が必要だ。

 Yahoo! メールは1999年1月より提供しており、月間利用IDは1500万以上にのぼる。今回の刷新の目的は、より直感的で使いやすいメールサービスに進化させることだ。メール一覧画面と本文閲覧画面を同時に表示したり、ドラッグ&ドロップでメールを移動したり、右クリックからメニューを開けたりするなど、クライアントソフトのような使い勝手を実現した。

 他にも下記のような新機能を搭載した。

  • タブを切り替えて複数メールを同時に作成・閲覧できる
  • アドレスブックをYahoo! メールの画面内に表示できる
  • あて先を指定する際、オートコンプリート機能を利用できる
  • 一定時間ごとに、自動的にメール受信のチェックができる
  • キーボードを使ったショートカットキーを利用できる
  • 画面構成をカスタマイズできる
  • フォルダ内の全メールを一度にまとめて処理できる

 今後はYahoo! メッセンジャーやYahoo! カレンダーとの連携を図るほか、Yahoo! プロフィールとの連携によるソーシャル化も計画している。さらにRSSリーダー機能も搭載する予定だ。

yahoo mail次世代版「Yahoo! メール」の操作画面

-PR-企画特集