リコー、1000万画素のコンパクトデジタルカメラ「R8」と「R50」をラインアップ

エースラッシュ2008年02月20日 17時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは2月19日、有効画素数1000万画素のCCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ2機種を3月7日より発売すると発表した。

 今回発売されるのは「R8」と「R50」の2機種で、いずれも有効画素数1000万画素のCCDを採用したコンパクトデジタルカメラだ。まずR8は、35mm判換算で28〜200mmの光学7.1倍ズームや画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンIII」を備えており、広角から望遠まで幅広いレンジでの高画質撮影が可能。2.7型46万画素の大型HVGA液晶、アスペクト比1:1の正方形フォーマット撮影機能なども搭載している。

 また、「毎日使いたくなる道具」をコンセプトとした、美しく利便性の高い新デザインも特徴だ。カラーはブラックとシルバーの2種類で、価格はオープンだが、店頭想定売価は5万円前後となる見込み。月産台数は5万台を予定している。

R8 R8

 一方のR50は、W97.3×H56.3×D23.4mmのコンパクトボディに、35mm判換算で36〜180mmの光学5倍ズームを搭載。動きの早い被写体に適したスポーツシーン機能、人物の肌を美しく撮影できるコスメシーン機能、音声メモを付けられる音声付静止画シーン機能など、15種類の多彩なシーン機能を装備している。

 また、1回のシャッターで連続して撮影できる連写撮影モードも特徴だ。カラーはシルバーのみで、価格はオープンだが、店頭想定売価は3万円前後となる見込み。月産台数は3万台を予定している。

R50 R50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加