logo

アクセスの多い時間帯の違いから見える、携帯電話3キャリアの特徴

佐藤令子(BeTREND)2008年02月20日 00時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCに比べた場合の携帯電話の大きな特徴の1つは、端末によってその仕様が大きく異なることだ。キャリアによってブラウザやアプリが異なるのはもちろんのこと、同じキャリアでも機種によって表示できるデータ量や画像の大きさ、種類などが違う。それぞれに応じたサイトを作る必要があることを考えると、モバイルサービス運営者にとって、対象とする携帯電話端末をどこまで広げるかというのは大きな問題になる。

 その判断をするときに大きな助けとなるのが、携帯電話機種のシェアだ。そこでこの連載では毎月1回、どういった端末がどの程度利用されているのかを、モバイルインターネットアクセス実勢データをもとに紹介していく。

 データはビートレンドの携帯電話向けASPサービス群「BeMss」を利用している約600社のモバイルサイトのアクセス実績を利用する。BeMssを利用している企業の業種は金融から小売まで多岐にわたるため、より実勢に近いデータが出せる。

 今回は、1月1日から31日までのアクセス実績を分析した。

アクセスシェア1割に近づくSoftBank

 まずは各キャリアのアクセスシェアを見ていこう。

 2007年12月と比較すると若干少ないものの、2008年1月も総アクセス数が平常を上回る結果となった。その中でau、SoftBankは引き続きシェアを伸ばしている。SoftBankは9%を超え、シェア1割に向けて堅調に伸びているが、年末年始の商戦時期という局所的なものなのかどうかは、まだ分からない。

3キャリアのアクセスシェアの推移 3キャリアのアクセスシェアの推移

 次にキャリア別に端末ごとの結果を見てみよう。アクセス数の多い端末を上位5つずつ調べてみたところ、次のような結果がでた。

 ランキング上位を2007年春モデルが占めた。また、5位以内には現れていないが、冬モデルも10位以内に入ってきている。先行したのはDoCoMoだ。DoCoMo は2007年夏モデルでも新端末がいち早くランキング上位にきていた。

 一方で、SH902iS(2006年5月発売)がランキングから姿を消した。長らく上位にランクされていた端末であった。代わってSH904iがシェアを伸ばしている。これで上位にランクインされている5端末は全て903iシリーズ以降のものとなった。更にそのうち3端末は既に904シリーズという結果からは、端末の世代交代の速さをうかがい知ることができる。また、10位にはP905i(2.7%)が入っている。

 auでは、はじめてシャープ製端末(W52SH、2007年5月発売)がランキングに入ってきた。まだ3機種目ということもあり、他キャリアとの比較が難しいところもあるが、DoCoMo、SoftBank では大きいシェアをもつ端末のため、今後の動きに注目していく。

-PR-企画特集