NTTドコモと日本コカ・コーラ、自販機の在庫を確認するオペレーションモデルを開発

松田真理(マイカ)2008年02月18日 19時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモと日本コカ・コーラは2月18日、FOMAネットワークを活用した自動販売機オペレーションモデル「1往復オペレーションシステム」を開発したと発表した。

 1往復オペレーションシステムとは、自動販売機の製品補充作業などを行うオペレーション担当者の携帯端末をFOMAネットワークにつなぎ、在庫情報を取得するというもの。両社では、事前に在庫情報が取得できるため、トラックと自動販売機間を1回だけ往復して補充作業が完了できるとしている。

 両社によれば、高層ビルの上層階や駅構内に設置された自販機など、ロケーションによってはオペレーション担当者が作業時間に短縮できるという。今後コカ・コーラでは、東京から順次、1往復オペレーションシステムを導入し、2008年内には1万台に対応させる予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加