logo

バッファロー、データを自動的に暗号化するUSBメモリを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは2月14日、記録する全データを自動的に暗号化するUSBフラッシュメモリ「RUF2-HSCWシリーズ」 5製品を3月上旬に発売すると発表した。

 512MB〜2GBまでの5種類をラインアップし、インターフェースはUSB 2.0。価格はオープンプライスで、対応OSはWindows Vista/XP/2000。

 PCに接続しパスワードを入力するとUSBメモリ内のデータの読み書きが可能になる。USBメモリに書き込まれるデータは自動的にハードウェアによって暗号化(AES 256bit方式)されるため、USBメモリを分解してフラッシュメモリから直接データを読み出すことも不可能。

 「RUF2-HSCWシリーズ」は、従来モデルの「RUF2-HSCシリーズ」に比べデータ転送速度が向上した。同社の測定結果によると、100MBのデータのリードにかかる時間が15.0秒から6.9秒に、ライトが61.1秒から25.9秒に短縮したという。

-PR-企画特集