logo

アップル、「QuickTime 7.4.1」をリリース--脆弱性を修正

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、緒方亮、福岡洋一2008年02月09日 01時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間2月6日、「QuickTime 7.4.1」をリリースした。このアップデートの対象OSは、「Mac OS X v10.3.9」「Mac OS X v10.4.9」以降、「Mac OS X v10.5」以降、「Windows Vista」および「Windows XP SP2」だ。QuickTime 7.4.1は、「CVE-2008-0234」に詳述された脆弱性を修正している。

 Appleによれば、アップデート前のQuickTimeは、ユーザーが悪意のあるウェブページに誘導されると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行されたりするおそれがあるという。これは、RTSPをトンネリングするときのHTTP応答の処理で発生するヒープバッファオーバーフローによるものだ。Appleはこの脆弱性を報告した研究者名を明記していない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集