logo

[レビュー]“N”シリーズ初のワンセグ搭載ケータイ--NTTドコモ「N905i」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NTTドコモ
内容:これまでワンセグ搭載のケータイをリリースしてこなかったNECだが、N905iでワンセグに対応してリリースされた。今まで多くの固定ファンを獲得してきた、Nのケータイは、折りたたみというスタイルの次のスタンダードを作り出すことができるだろうか?

Nのケータイ、初のワンセグ搭載端末

  • N905iのボディは色によってテクスチャが違う処理がなされている

 NEC製としては初めてのワンセグ搭載端末となったN905i。NECは特に家電ブランドを持っていないが、ワンセグでもきれいな映像が得られるスペックと、ケータイとしてのこだわりを強く持つNとしての使い勝手を提供している。

 まずNECのFOMA端末では初めて、2軸回転ヒンジを搭載した端末と言うことになる。これまでNと言えば折りたたみにこだわった端末を作り続けてきたメーカー。mova時代はN506iSで二軸回転ヒンジを採用していたが、ワンセグや高画質カメラを生かすために、通常の折りたたみではないチョイスをした格好だ。

 ディスプレイは3インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)液晶を採用し、大画面でコンテンツを楽しむことができるようになっている。VGAに対応する丸ゴシックと明朝体のフォントをプリセットしている。そのディスプレイを表面に露出させる格好で端末を閉じると、ワンセグが起動するのは、他の端末と同様の使い勝手である。連続視聴時間は3時間20分と、他の905iシリーズに比べるとやや見劣りするスペックとなっている。

  • 背面5.2メガピクセル、オートフォーカス対応のカメラ、フォトライト、おサイフケータイ読み取り部が配置されている

  • 左側面テレビやカメラを起動するボタン、マイクロSDスロット、充電端子が配置されている

  • 左から音楽ボタン、ライトスイッチ、マナーボタン、クリア・ロックスイッチ、そしてプッシュトークボタンが並ぶ

-PR-企画特集