logo

ソニー、「α」シリーズにクイックAFライブビュー機能を含む2機種のエントリーモデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月1日、デジタル一眼レフカメラ「α」シリーズに、エントリーモデルとなる「α200」と「α350」の2機種をラインアップした。α200は2月15日より、α350は3月7日より発売される。価格はともにオープン。

 両機種ともに、ボディ内蔵手ブレ補正機能を搭載し、「αマウントシステム」に準拠したコニカミノルタ製まで含む、すべてのαレンズで手ブレを補正することが可能だ。液晶モニタには、2.7型のクリアフォト液晶を採用、中央クロス9点AFセンサー採用の高性能オートフォーカスなど上位機「α700」同様AFモータを搭載するなど、高い基本性能を備える。

 撮像素子にはAPS-CサイズのCCDを採用し、有効画素数はα200が1020万画素、α350が1420万画素となる。

 さらにα350には、液晶を見ながら撮影が行える独自の「クイックAFライブビュー」機能を搭載。下向き40度、上向き130度に動く可動式により、液晶を見ながら自由なアングルで撮影ができる。また、ペンタ部の可動ミラーでファインダーへの光路とイメージセンサーへの光路を切り換える方式のため、ライブビューでの撮影中でも光学ファインダー使用時と同じ感覚でフォーカスできる。

 両機種ともにボディのほか、ズームレンズキット、Wズームレンズキットをラインアップする。

●α200

  • α200ボディ「DSLR-A200」(店頭想定売価:6万円前後)
  • α200ズームレンズキット「DSLR-A200K」
    (店頭想定売価:7万円前後)
  • α200Wズームレンズキット「DSLR-A200H」
    (店頭想定売価:9万円前後)

●α350

  • α350ボディ「DSLR-A350」(店頭想定売価:9万円前後)
  • α350ズームレンズキット「DSLR-A350K」
    (店頭想定売価:10万円前後)
  • α350高倍率ズームレンズキット「DSLR-A350H」
    (店頭想定売価:14万円前後)
「α200」(左)、「α350」(右) ソニー「α200」(左)、「α350」(右)

-PR-企画特集