logo

[レビュー]ケータイでドルビーを聴く--NTTドコモ「SH905i」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NTTドコモ
内容:905iの先陣を切ってリリースされたのがシャープ製端末であるSH905i。AQUOSケータイとは違う普通のシャープ端末の正常進化モデルであり、言うまでもなく905iのスタンダードとなりうる端末だ。しかし選んで間違いないだけでなく、これまでになかったこだわりを楽しめるのである。

女性にも優しい、フルスペックスリム

 SH905iのデザインの特徴は、スリムであること。高さ112mm×幅48mm、厚さは16.9mmというボディは、フルスペックのケータイの中でもスリムな部類に入る。

 特に、16.9mmという薄さと、3インチのディスプレイを搭載していながら幅を48mmに抑えた点で、手の小さな女性にも選びやすい端末となった。筐体は折りたたみ型で、ディスプレイ部分が回転する2軸ヒンジを備え、画面を表面に露出した状態で端末を閉じてワンセグやカメラ撮影を楽しむことができる。

 ディスプレイの背面は、端末色にそれぞれ独自のパターンを加えた透明感あるカラーパネルを、金属っぽい銀色のパーツの縁で挟み込むデザイン。この銀色のパーツにはLEDが4個仕込まれており、ウラから光って着信などを知らせてくれる仕組みになっている。最近の端末では割と用いられている手法であるが、やはりランプが隠れているという点で美しさを損なわず機能性を実現しているポイントでもある。

 端末を開くと、キーが現れる。前作からの改善は、ダイヤルキーだけでなく十字キーやソフトキーマで光るようになった点。指で覚えているとはいえ、暗いところで十字キー周辺を押し間違う心配がなくなった。ダイヤルキーのタッチもソフト目で疲れない操作が可能になっている。

  • 右側面。microSDカードスロットがある。ディスプレイ部にはステレオスピーカーの穴が見える

  • 左側面。左からシャッター・TVボタン、プッシュトークボタン、ページ送りキー、イヤホンジャックと並ぶ

  • 端末底面。FOMAデータポートのみ

 操作系のインターフェースで目を引くのはタッチクルーザーだ。SH904iから搭載されている、ノートPCでマウス代わりに利用するような、静電式のパッドである。

 以前のものよりも読み取りの解像度が向上し、操作に対して機敏に反応するように進化している。これを利用して、i-modeサイトなどのスクロールが可能なほか、ジェスチャーを登録してセキュリティロックの解除に利用できるようになっている。顔面認証や他の生体認証を持たないケータイにとっての1つの解決策としてユニークな機能だ。

 ディスプレイを反転させて閉じると、端末のサイドのボタンの他に、ディスプレイのヨコに備え付けられた上下のボタンを利用して、ワンセグの操作などができる。またそのボタン周辺には、周囲の明るさを検知するセンサーが入っており、ディスプレイの光度を自動的に調整する機能も搭載されている。

 ちなみに、初期設定では、ディスプレイを反転させることでワンセグが起動するようになっており、端末のヒンジ側に仕込まれたアンテナをのばしてワンセグ視聴をすぐに楽しむことができる。

  • ヒンジ部。アンテナが仕込まれている他、アンテナ側にストラップホールが用意されている

  • 端末を開いたところ

  • ディスプレイを表にして閉じることができる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]