logo

[レビュー]ケータイでドルビーを聴く--NTTドコモ「SH905i」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NTTドコモ
内容:905iの先陣を切ってリリースされたのがシャープ製端末であるSH905i。AQUOSケータイとは違う普通のシャープ端末の正常進化モデルであり、言うまでもなく905iのスタンダードとなりうる端末だ。しかし選んで間違いないだけでなく、これまでになかったこだわりを楽しめるのである。

リッチなディスプレイはシャープらしさの象徴

 待望のDoCoMoの冬モデルの売りは「All in One世界ケータイ」。つまりワンセグやGPS、音楽再生機能、おサイフケータイといった生活ツールなどのすべてを犠牲にせず、さらに海外でも幅広く利用できるGSMでのローミングに対応した端末群が905iシリーズの基本性能だ。

 まず始めにリリースされたSH905iは、上記の基本性能を忠実にかなえた端末と言うことになる。ワンセグとそれを表示する高い解像度のディスプレイ、3.2メガピクセル以上のカメラ、FOMAハイスピードで3.6Mbpsの速度でのダウンロードに対応、そしてGSMに対応することで世界各地でのローミングに対応した点が挙げられる。

 いきなり目を引くのが、ディスプレイ。シャープ自慢のモバイルASV液晶から発展させた「NewモバイルASV液晶」は、3インチで480×854ピクセルのフルワイドVGAを実現している。VGAクラスをワイドにして搭載したディスプレイは、画像から文字まで、明るく、くっきりとした表示を楽しむことができるようになった。特に屋外での表示にも自信があるパネルとなっており、実用性の面でも新しい液晶の効果は高かった。

 ディスプレイを高解像度化したとしても、搭載しているフォントの解像度がなければ、表示させる文字はキレイにならない。そこもキチンと対処している。SH905iには、LCゴシック、SH平成明朝、SHクリスタルタッチの3種類のフォントが搭載されている。これらのフォントは文字サイズを複数持っており、文字の拡大縮小にも対応。もちろんどのサイズでも、輪郭がくっきりとした流麗な文字表示を楽しむことができる。

 ディスプレイの解像度向上は、メール表示や電話帳で、画面を上下に切ってリスト画面と内容のプレビューとを同時にこなしたり、ワンセグを見ながら他の機能を楽しむ子画面機能をこなすなど、ユーザーインターフェースの自由度や快適さの向上をもたらしてくれている。このあたりまで含めて端末の機能を進化させている当たり、ディスプレイのクオリティをウリにしているシャープならでは、を感じられる点だろう。

  • パネルは4色。各色でパターンは異なり、色とともに雰囲気が変わる

  • 金属のパーツのウラにはLEDが4個仕込まれており、おしゃれな演出

  • 背面にはか3.2メガピクセルAFカメラ、おサイフケータイ読み取り部がある以外はシンプル

-PR-企画特集