キーウォーカーとニフティ、マーケティングサービス提供などで資本・業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キーウォーカーとニフティは1月28日、キーウォーカーの独自技術とニフティの各種提供サービスとの連携を目的として、資本・業務提携を行うと発表した。

 業務提携については、独自アーキテクチャーにより開発したデータベースである「意味ネットワーク」、人の嗜好など個人の特徴を分析する「個人特徴分析」、自然文の文脈に対する認識・判断が可能な「シチュエーション分析」など、キーウォーカーが持つコアテクノロジーと、ニフティの広告・マーケティングビジネスや各種提供サービスとの連携を行う。

 具体的には、キーウォーカーの独自技術である「日本語自然文意味解析技術」を導入したブログ解析エンジン「BlogSphere」と、ニフティのブログ評判分析サービス「BuzzPulse」のオンラインサービス「BuzzSeeQer」とを連携した高機能なマーケティングサービスの提供を2月から開始する。

 また、キーウォーカーの独自技術と、ニフティの広告ビジネスやCGMサービス、携帯電話向けサービスなどとの連携について、両社で検討を進めるとしている。

 なお、今回の資本提携により、ニフティのキーウォーカー株式の保有比率は16.27%となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加