ASUS、顔認証システムやテンキーを備えたハイエンドノートPC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSTeK Computer(ASUS)は1月22日、15.4型ワイド液晶を搭載したノートPC「M51Sn」を2月14日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は18万9800円前後の見込み。

 CPU にインテル製の最新デュアルコアCPU「Core 2 Duo T8100(2.1GHz)」、グラフィックスチップに「NVIDIA GeForce 9500M GS」を採用し、メモリ2GB、HDD 160GB、LightScribe対応のDVDスーパーマルチドライブを搭載したハイエンドモデル。OSはWindows Vista Home Premiumで、統合オフィスソフト「Office Personal 2007をプリインストール」する。

 通信機能は、1000BASE-T対応の有線LAN機能のほか、IEEE802.11a/b/gと次世代規格のIEEE802.11n(Draft 2.0)に準拠した無線LAN機能、Bluetooth Version 2.0+EDRも搭載する。また、本体のキーボード部分には、数字を入力しやすいテンキーを装備。130万画素のWebカメラや指紋認証センサーを内蔵したタッチパッドも備えており、Webカメラに顔を映すだけの顔認証でWindows Vistaにログオンしたり、通販サイトなどの面倒なパスワード入力を指紋認証で置き換えたりすることもできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加