logo

秋葉原で海賊版を露天販売していた中国人ら5人を現行犯逮捕--ACCS発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は1月22日、著作権侵害事件として、秋葉原の路上で海賊版を販売していた中国人ら5人を現行犯逮捕した事件を発表した。

 この事件は、警視庁万世橋署、丸の内署、麹町署、久松署、牛込署が本部生活経済課の応援を得て、1月20日に東京・秋葉原の電気街で権利者に無断で複製したソフトウェアを露天販売していたとして、男女のグループ5人を著作権法違反の疑いで現行犯逮捕し、22日東京地検に送致したというもの。

 逮捕されたのは、台東区の無職男性A(38歳・中国籍)、江東区の派遣社員男性B(28歳・中国籍)、葛飾区の無職女性C(29歳)、練馬区の無職女性D(21歳・中国籍)、葛飾区の職業不詳女性E(30歳・中国籍)の5人。

 男性Aは20日、近くの喫茶店において、アドビ システムズが著作権を有する「Adobe Acrobat 7.0 Professional 日本語版」を権利者に無断で複製したCD-R1枚を、また、そのほかの4人は、秋葉原の路上でジャストシステムが著作権を有する「JUST Suite 2007」を権利者に無断で複製したDVD-R1枚を、それぞれ販売する目的で所持していた。

 このグループは、秋葉原の電気街の路上で海賊版ビジネスソフトのタイトルや価格などを記載したチラシを、チラシ配布役の女性ら3人(C、D、E)が通行人などに配布して顧客を集めていた。女性らは注文を受けると、喫茶店で保管を担当している男性Aに携帯電話で連絡を取り、運搬役の男性BにCD-RやDVD-Rに複製した海賊版ソフトを持参させ、販売を行っていた。

 警察の調べによると、このグループは2007年春頃から海賊版販売を始めており、チラシ配布役の女性1人あたりの販売数は平日で10枚程度、土日祝日には20〜30枚程度であったことを供述している。動機は生活費を稼ぐためだったとしている。

-PR-企画特集