低価格か次世代か……人気が大きく二分するHDD-DVDレコーダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 内蔵HDDにも次世代DVDにもデジタル放送のハイビジョン映像を録画できる「次世代DVD対応レコーダー」がいよいよ動き出した。07年10月まで1ケタ台にとどまっていた次世代DVD対応機の構成比は、11-12月は全体の2割前後を占めるほどに拡大している。残りの8割は従来DVD対応機だが、HDD容量の少ないエントリーモデルが中心。ここにきて「低価格」と「次世代」の2つの流れが明確になってきた。「BCNランキング」をもとに、最新動向をまとめた。

●ランキング上位は松下とシャープが独占、低価格機が人気の傾向は変わらず

 12月に販売された薄型テレビでは、地上デジタル放送(地デジ)対応モデルが97.2%とほとんどを占めており、HDD-DVDレコーダーも、地デジチューナー搭載率は9割を超えている。店頭では地デジ対応モデルへの入れ替えは完了したと見ていいだろう。そこで今回は、地デジチューナー搭載モデルに絞り、売れ筋を集計した。

 07年12月のHDD-DVDレコーダー機種別販売台数シェア1位は、松下の「DMR-XP11」が獲得。5月発売のやや古い機種だが、実勢価格5万円台前半と手頃な価格で人気を集めた。店舗によっては5万円以下で販売しているところもあった。シェアは 12%。2位には、シャープの9月発売の「DV-AC72」が1位と0.5ポイント差で入った。1位、2位はともに、HDD容量250GBのエントリーモデル。上位機種とは違い、デジタル放送の2番組同時録画はできないが、頻繁に録画しない層や買い増しユーザーには十分と受け取られているようだ。

【図と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加