ワーナーブラザーズがHD DVD陣営から離脱、東芝は「それでもHD DVDで戦う」

永井美智子(編集部)2008年01月07日 06時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大手映画会社の1つ、Warner Bros. Entertainmentが1月4日(米国時間)、HD DVD陣営からの離脱を表明した。今後はBlu-ray Discに限定して次世代光ディスクに対応するという。東芝はそれでも、HD DVDに賭ける姿勢を崩していない。

 Warner Bros.は5月までHD DVD対応ディスクの販売を続けるものの、その後の次世代光ディスクについてはBlu-ray Discのみに対応する。「消費者は明らかにBlu-rayを選んでいる」とWarner Bros. Home Entertainment Group.の代表であるKevin Tsujihara氏は、Blu-ray Diskを選んだ理由を話す。「Warner Bros.はHD(高品位)メディアのプロモーションに関して東芝と緊密な関係を築いてきた。東芝の努力には多大な敬意を表する。将来、ほかのプロジェクトで一緒にできれば嬉しいと思う」(Tsujihara氏)

 これに対し東芝は「非常に驚いており、残念だ」(Toshiba America コンシューマー部門代表のAkio Ozaka氏)とコメント。「2007年第4四半期の状況を見ると、HD DVDは消費者に強く支持されている。HD DVDはDVD Forumに認定された唯一のHD対応フォーマットであり、Universal PicturesやParamount Home Entertainmentと共に引き続き普及に努めていく」(Ozaka氏)とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加