logo

オンラインショッピングに関する調査--84.0%の男性ユーザーは、まず「検索」する

Webマーケティングガイド2007年12月06日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、オンラインショッピングに関する調査を行った。

 Webマーケティングガイドでは、市場規模が拡大傾向にあるオンラインショッピングについて、ユーザーの購買行動や利用意識を明らかにしていく。今回は、前回のオンラインショッピングに関する調査の中で取り上げた、ECサイトを訪れる際の目的やECサイトで興味を持つポイント、オンラインショッピング上での商品の探し方を男女別に調査した。

≪調査結果サマリー≫
  • オンラインショッピングで購入目的にはない商品に興味を持つポイントとして、 女性の73.5%・男性の67.5%が「お買い得だからと回答」
  • 男性の84.0%は、「検索して見つかったサイトで探す」、女性の45.1%は「決まったEC内で探す」

 今回の調査対象は、16歳〜59歳までの男女475人。男女の割付は、女性238人、男性237人で行った。

 Q1でECサイトを訪れる際の目的の有無について訪ねたところ、男女のECサイトへ訪れる動きが、類似する傾向にあることがわかった。

(男女別)オンラインショッピングに関する調査(購買動向編)?

 「購入したい商品があるのでECサイトを訪れる場合が多い」と回答したユーザーは、女性で42.9%、男性で42.2%いることが分かり、半数近くのユーザーはECサイトを訪れる際、商品の購入を検討しており、ECサイトへアクセスしていることが伺える。

 また、ECサイトへの訪問目的が明確でないユーザーは25%強、その時々によって目的が異なるユーザーも30%前後おり、オンラインショッピングを運営する企業は、ただユーザーが商品を購入しやすいサイト提供をしていくだけではなく、購入目的がなくてもサイトへ訪問すれば、驚きや楽しみをサイト内で味わえるようなサイトをユーザーへ提供していく必要があるだろう。

 Q2で、オンラインショッピングで購入目的ではない商品に対して、思わず興味を持つポイントを男女別に尋ねたところ、女性では「お買い得だから」が73.5%と圧倒的に多く、男性でも67.5%と続く結果になった。

(男女別)オンラインショッピングに関する調査(購買動向編)?

 男女で各々の項目を比較してみると、非常に似通った傾向にあるように見えるが、女性では、「画像に魅力を感じたから」が37.4%、「インターネット限定の販売だから」が27.3%で、男性ユーザーの結果よりも割合が多く、男女の違いが表れていると言えるのではないか。

 つまり、『女性=イメージ重視』、『男性=機能/性能(説明や文字)重視』の傾向がQ2の結果から伺える。

 Q3で、オンラインショッピングで購入する場合、女性で決まったECサイト内で探すユーザーは47.5%いるにもかかわらず、男性ユーザーはわずか16.0%に止まっていることがわかった。

(男女別)オンラインショッピングに関する調査(購買動向編)?

 一方で、「商品名やキーワードで検索して見つかったサイトで探す」ユーザーは84.0%おり、大半の男性ユーザーは「検索→サイト→購入」の導線ができていると言えるのではないだろうか。

 今回と前回の「第4回オンラインショッピングに関する調査(接触メディア編)」を踏まえると、男女ともにオンラインショッピングの利用は拡大しており、利用するメディアや商品に興味を持つポイントなどに、特別大きな差異は見られなかった。

 しかし、購入の最も基点となる「商品を探す方法」の男女の違いに関しては、念頭に置いておく必要があるだろう。

本調査は、業界の全般的な調査となっております。
あくまでも指標となるものですので、参考データとしてご活用下さい。
業種や取り扱っている商品、またユーザーの属性によっても調査結果は大きく異なると考えられます。
より詳細な業界動向や、ターゲット層に合わせたリサーチにご興味をお持ちの方は、 リサーチアウトソーシングサービスをご活用ください。

サンプル数  :475
調査期間   :2007年11月09日〜2007年11月13日
調査方法   :インターネットリサーチ
調査機関   :ボーダーズ
対象者     :16歳〜59歳までの男女
割付      :女性238人、男性237人の割付

本調査結果の単純集計を無料でご提供させていただきます。
アンケート回収データ・クロス集計サービス・レポートは有料にてご購入いただけます。
調査や有料サービスをご検討の方はお気軽にお問合わせください。

-PR-企画特集