パートナーとともに新たなBIを推進--MS、BIカンファレンスでPerformancePointをお披露目

柴田克己(編集部)2007年12月03日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは11月30日、都内で「Microsoft BI Conference 2007 Autumn」を開催、翌12月1日より販売が開始される新たなBI製品「Microsoft Office PerformancePoint Server 2007」を大々的に披露した。

 PerformancePoint Server 2007は、同社の「Office System」シリーズに属するサーバ製品。以前より提供されていた、Business Scorecard Managerの後継製品であるとともに、ProClarityの買収で取得した分析ツール、さらに同社が独自に開発を続けてきたプランニングアプリケーションの機能を新たに統合したもの。「プランニング」「モニタリング」「分析・レポーティング」の3つの主要機能を持つ。

 データ入出力のフロントエンドとしては、オフィスに広く普及する「Excel」を使いつつ、データの実体はすべてPerformancePointを通じて、SQL Server上に格納される。また、マクロなどのロジックもすべてPerformancePoint上で管理されるため、より即時性の高いデータの管理、シートの整合性の保持やメンテナンサビリティの向上を図れる。全社的なビジネス戦略の共有に加えて、より現場に近いユーザーが、自らの自分たちの必要とする指標を共有するためのダッシュボードのデザイン環境なども用意されている。

佐分利ユージン氏 マイクロソフト、執行役常務ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏。

 カンファレンスでゼネラルセッションを行った、マイクロソフト執行役常務ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏は、「情報経済時代のビジネスにおいて、これからは入手する情報よりも、情報入手のスピードと適切な使い方ができるかどうかに勝負が移っていく」と、より即時性が高く、ユーザビリティの高いBIプラットフォームの重要性に言及した。なお、マイクロソフト自体も、主にファイナンス部門を中心として、約3年前からBIプラットフォームの構築に着手。実際のマネジメントサイクルと照らし合わせつつ、よりスピードと正確さを求められるIT基盤は、どのようなものかについて検討を重ねてきたという。そのひとつの答えとなるPerformancePoint Serverは、今後、マイクロソフトが展開するBI戦略の基盤となっていく。(セッションの詳細については、追ってレポートを掲載)

 Microsoft PerformancePoint Server 2007の参考価格は、Open Businessライセンスで、サーバが約264万円。クライアントアクセスライセンスが約2万4000円。サーバ環境として、Windows Server 2003 SP1, Standard Edition以降、Windows SharePoint Services 3.0またはOffice SharePoint Server 2007、.NET Framework 2.0、IIS 6.0、ASP.NET 2.0、SQL Server 2005 SP2 StandardまたはEnterprise Edition以降(プランニング機能にはEnterprise Editionが必須)。クライアント環境として、Windows XP Professional SP2以降、.NET Framework 2.0、Office 2003 SP2以降が必要となる。

 なお、11月30日には、アイエイエフコンサルティング、アバナード、大塚商会、オービックビジネスコンサルタント、電通国際情報サービス、日本ユニシス、野村総合研究所、日立システムアンドサービスの8社が、パートナーとしてPerformancePoint Server 2007を中心としたソリューションの提供を行うことを表明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加