logo

韓国でも人気の任天堂--最大の敵は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2007年1月、韓国に本格進出を果たした韓国任天堂。この時に販売開始した「Nintendo DS Lite」は、9月末時点で販売台数が58万台を突破するなど好調だ。日本でも人気の高い、「脳トレ」や「New スーパーマリオブラザーズ」は韓国でも不動の人気で、同時期までにそれぞれ約20万個ずつを売り上げている。

 以前は電車やバスの中で、SCE Koreaの「PlayStation Portable(PSP)」を手にゲームを楽しむ人が圧倒的に多かったが、最近はPSP派とDS Lite派に人気が二分されているようだ。

 しかし、こうした快進撃の裏で、韓国任天堂は大きな問題を抱えている。不法な複製ゲームだ。不法な複製ゲームは、韓国任天堂が同国に進出する前から多く出回っている。正規ルートを通さずに韓国市場に入ってくるハードと、違法な複製ゲームは、一部のゲーム専門販売店やインターネット上で大変簡単に入手できる。

 ちなみに韓国のデジタル機器の販売方式には、正規ルートを通さずに入ってきたものというカテゴリが確立されている。メニューが韓国語化されていなかったり、電源の形が輸入してきた国のままであるなど不便な点はあるものの、正規品よりも安い。メーカー公認の店舗で修理してもらえないが、購入した店舗やそこと契約した修理屋などが請け負ってくれる。一方のソフトは複製されたものが安く販売され、それがウェブストレージやP2Pなどを通して、より多くの人同士で共有されている。

 違法な複製ゲームをDS Liteで駆動させるためのアイテムの1つとして、韓国では「R4」という拡張カードが広く出回っている。DS Liteのゲームカードと同様の大きさで、ここにゲームなどが入ったmicroSDカードを指し込んで利用する。こちらも既にオンライン、オフラインで広く販売されている。価格は、とある大型ショッピングモールでは約3〜4万ウォン台となっていた。複雑な設定なしにDS Liteに差し込むだけで手軽に利用でき、マニアだけでなく一般の人たちにも利用が広がっている。

画像の説明
インターネット上で取引されている「R4」

-PR-企画特集