logo

自由な対話を目的とするユニークな非公開カンファレンス「The Lobby」

文:David Hornik 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、平本尚美、國分真人2007年11月22日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私は2007年10月末の1週間ほどをハワイで過ごしていた。24日から26日まで、「The Lobby」というカンファレンスを主催していたためだ。「The Lobby」の開催趣旨は、メディアの未来への関心を共有する素晴らしい人々を一堂に集め、彼らの対話を深めることにあった。したがって、ステージでの講演もなければ大まかなテーマに基づく討論会もないし、人寄せのために招待された有名人やお偉方もいない。ただひたすら出会いと対話を求める、この分野の魅力的なエキスパートたちの夢のような集いがあるだけだ。参加者は皆、他のカンファレンスでは講演者やパネリストであったり、お偉方であったりすることだろう。しかしこのカンファレンスは、人々の注目を浴びるためではなく参加するためのものだった。そして、誰もが立派に参加してくれた。それこそ明け方から夜更けまで、「The Lobby」の人々は貪欲に対話を重ねた。そのエネルギーたるや熱狂的で、まさに休みなく稼働する発電装置のような、A型行動様式の人々のものだった。だから私は、29日朝の帰りの飛行機に乗る頃には文字通り消耗しきっており、完全に復活するには数週間かかりそうに思えるありさまだった。このカンファレンスで私が学んだすべての事柄を詳しくまとめ、出会った人たち全員と連絡を取り、来年のカンファレンス開催に向けて準備するのは、1年がかりの作業になることだろう。

-PR-企画特集