logo

自由な対話を目的とするユニークな非公開カンファレンス「The Lobby」 - (page 2)

文:David Hornik 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、平本尚美、國分真人2007年11月22日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「The Lobby」は、Lia Lorenzano-Kennett氏という信じがたいほど素晴らしい人物の励ましとノウハウと友情がなければ、絶対に実現できなかったに違いない。Lorenzano-Kennett氏は、カンファレンス制作の分野の最高峰である。彼女は「Apple Worldwide Developers Conference」の当初のプロデューサーの1人であり、「DEMO」カンファレンスと「Agenda」カンファレンスを運営、IDG Executive Forumsの代表でもあった。また、あの傑出したカンファレンス「All Things Digital」をWalt Mossberg、Kara Swisher両氏とともに創り上げ、現在もプロデューサーを務めている。私が「The Lobby」について話すために初めてLorenzano-Kennett氏と会ったとき、彼女はこう言っていた。いったい、カンファレンスを成功させる要因とは何だろう。講演者や聴衆なのか、それともカンファレンスの内容なのか。この従来から続く、ニワトリが先か卵が先かという問題の答えをいつも考えている、と。カンファレンスが素晴らしいものになるのは、そこに参加する人々が素晴らしいからなのだろうか。それとも、カンファレンスが素晴らしいから、素晴らしい人々ばかり集まるのだろうか。「The Lobby」がようやく閉会を迎えたとき、彼女は私のほうを振り向いて言った。「やっと分かったわ。答えはニワトリよ」。確かに、「The Lobby」には素晴らしいニワトリたちが出席していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]