logo

ティム・オライリーとTwitter創業者が振り返る「失敗」つづきの道のり - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1年半ほど経った頃、Williams氏は直感で「これはうまくいかない」と思って事業をたたむ。「お金がなくなってもやりつづけるべきと感じたBloggerとはまったく逆の直感だった」。

 実はTwitterは、このODEOの事業の中から生まれた。当時はODEOがうまくいかなかったので、いろいろなことを試していた。、Twitterもその1つだ。

 「ODEOの2つ目の製品として出すこともできたが、ODEOについて考えるのにうんざりしていた」(Williams氏)

 O'Reillyは「そうして多くの失敗を重ねながらも、あなたはTwitterで小さく再スタートし、今では多額の投資を受けるまでになれたんですね」と話を結んだ。

Twitterは「たくさんの日本語インターフェースソフトに助けられた」

 セッションはその後、Twitterの機能の紹介や発展、そして今後についての話題となった。

 O'Reilly氏が「Twitterには今のところビジネスモデルがない」と指摘すると、Williams氏は「今、ちょうど考えているところだが『リアルタイムのコミュニケーション』という部分に焦点を絞っているサービスなので、そこを生かしたビジネスができるだろうと抱負を述べた。

 具体的には、宣伝目的の商用目的を許して、そこから料金を徴収するモデルだ。既に今でも家電の安売り情報をリアルタイムでで流すサービスが注目を集めている。

 Twitterのトラフィックの20%が日本からのトラフィックであるとことについて、Williams氏はTwitterは英語だけのサービスではあるが、公開しているAPIでつくられたたくさんの日本語インターフェースソフトに助けられたと語り、今後、Twitterサイトそのものでも、少しずつ日本語対応を進めていきたいと述べた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]