logo

MSのサーバ向け新OS「Centro」の詳細が一部明らかに - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年11月08日 14時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Centroの非公開ベータテストは2006年12月に開始されている。Microsoftは今後30〜60日の間にBeta 2バージョンをリリースする予定である。また同社によると、「Cougar」という開発コード名で呼ばれている小規模企業向けサーバの次期バージョンの非公開ベータテストが既に開始されているという。

 Microsoftの会長Bill Gates氏は2006年5月、Centroが64ビットバージョンでのみ出荷される新しいサーバ製品群の1つになると述べた。

 ハードウェアについては、Hewlett-Packard(HP)とIBMがこのソフトウェアをサポートするサーバを出荷する予定にしており、ソフトウェア会社であるCitrixやCA、Symantec、FullArmorもCentroの管理コンソールと連携するソフトウェアを開発する予定である。

 現時点の計画では、この製品の出荷は2008年後半、理想的には2008年中頃となっているが、Madlener氏はその計画の一部が同氏のチームの管理下にないことを認めている。

 Madlener氏は「われわれのチームの計画はWindows Server 2008次第だ」と述べるとともに、「また、SQL Server 2008次第でもあり・・・われわれの計画は他の製品の出荷時期に影響される」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]