logo

ワコム、イラストやマンガ制作用のペンタブレット「Bamboo Comic」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワコム(山田正彦社長)は11月1日、コンシューマー向けペンタブレット「Bamboo」シリーズの追加ラインアップとして、イラスト・マンガ制作ソフトをセットにした「Bamboo Comic」を11月16日に発売すると発表した。価格はオープンで、直販サイト「ワコムストア」価格は1万480円。

 「Bamboo」シリーズは、PC操作から文字入力、デジタル写真加工、イラストやペインティングなど幅広い操作ができるペンタブレット。「Bamboo Comic」は入力エリアがA6ワイドサイズのコンパクトなタブレットに、イラスト作成ソフト「Pixia」と「DELETER CGillust4.5」体験版、マンガ制作ソフト「Comic Studio Mini」と「COMICWORKS」体験版、ペイントソフト「水彩LITE」の5種類のソフトが付属する。

 タブレット本体、ペン、ペンスタンドは従来モデル「Bamboo Fun」と共通で、頻繁に使う機能をワンタッチで操作できる4つのファンクションキーと、画面の拡大・縮小とスクロールを操作するタッチホイールを搭載する。また、ペンのサイドスイッチ2つには、スクロール/移動モード、右クリックなどの機能を割り当てられる。本体の大きさは幅210×奥行き194.1× 高さ11.2mm、重さは370gで、カラーはホワイト。

-PR-企画特集