Mac用海賊版ソフトを3年間で3000万円以上売り上げていた男性を逮捕--ACCS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は11月1日、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを販売していた横浜市鶴見区の無職男性(27歳)を、北海道警生活経済課と厚別署が10月31日に著作権法違反の疑いで逮捕したことを発表した。

 この男性は8月10日、ジャストシステムが著作権を有する「ATOK 2007 for Mac [プレミアム]」を無断で複製したCD-R2枚を、札幌市白石区の男性に対し販売したほか、9月29日には同社が著作権を有する「ATOK 2007 for Windows [プレミアム]」を無断で複製したCD-R1枚を、札幌市中央区の男性に対し販売していた。

 男性は、ヤフーオークションに正規品を出品した上で、「ディスクの状態や登録にこだわらず安価にて入手の相談のある方」には、「出品者への質問」で問い合わせるか、画面上に記載したメールアドレスへ連絡するよう指示していた。問い合わせると男性は、Macintosh用を中心とした約180種類のソフトウェアのリストとともに「商品は、白無地のCDまたはDVDとシリアル番号のみとなります」という注意事項を明記したメールを返信し、顧客を募っていた。

 この事件は、6月19日に北海道警などがソフトウェアの海賊版販売による著作権法違反容疑で逮捕した男性らが、今回の男性から海賊版を購入したことを供述したことや、一般の人から北海道警に情報提供があったことが端緒となっている。警察の調べによると、男性は少なくとも2004年ごろから現在までの約3年間で、3000万円以上を売り上げていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加