logo

BIGLOBE、動画の感想をリアルタイムに共有できる「みんなでBIGLOBEストリーム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECビッグローブ(BIGLOBE)は10月31日、視聴者参加型の動画ポータルサイト「みんなでBIGLOBEストリーム」を11月1日より開始すると発表した。

 みんなでBIGLOBEストリームは、インターネット上のバーチャルルームで複数の視聴者が同時に動画を視聴し、アバターを操作することで、他の視聴者と視聴体験を共有することができるサービス。

 番組ごとに設置されたバーチャルルームには最大20人まで入室することができ、同時に動画を視聴しながら、コメントや、拍手、笑う、泣くなどのアバターのジェスチャーを通して、他の視聴者と動画に対する感想などをリアルタイムに共有することができる。友人宅に集まってテレビを視聴しているような感覚で楽しむことができるという。

 動画配信は、アドビシステムズのFlash技術を活用し、インタラクティブ性が高いサービスを実現している。パソコンのOSに依存しないため、任天堂の「Wii」のブラウザでも利用できる。

 サービス提供開始当初は5つのバーチャルルームを用意し、サービスの利用方法を紹介するオリジナル映像「操作方法〜入門編〜」をはじめ、「鈴木タイムラー」「三船美佳のずぼらぼ」「アイドル護身術〜涼子ちゃん危機一髪」「宇宙船ポーキル」の5番組を配信する。今後は、動画ポータルサイト「BIGLOBEストリーム」で配信しているコンテンツを順次配信していく予定。

 また、サービスの利用促進を目的として、ブログパーツを無料で配布する。ブログパーツからは各バーチャルルームに入室している視聴者数が確認できるほか、バーチャルルームからブログパーツ利用者の反応を楽しむことも可能となっている。

 BIGLOBEでは今後、企業顧客向けに、同サービスを活用した広告サービスを提供するとしている。

-PR-企画特集