logo

グーグルのSNS計画が遅延か--米報道

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年10月30日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TechCrunchは、うわさされているGoogleのソーシャルネットワーキング計画(開発コード名は「Maka-Maka」、あるいは単に「Makamaka」かもしれない)は、かねてから予想されていた11月5日よりも後、おそらく8日または9日に発表される予定であると報じている。またその内容は「ほとんどGoogleの既存のソーシャルネットワークである『Orkut』に関するものとなるだろう」という。

 Googleは、うわさや憶測にコメントしないという同社のポリシーを理由に、これに関する一切のコメントを差し控えた。

 基本的に重要な情報は、同社がFacebookに似た動きをとり、APIや、そのAPIを用いてアプリケーションを開発したパートナー企業を発表する計画であるというものになるという。

 特にFacebookの広告契約に関しMicrosoftに敗れてしまったらしいGoogleは、ブラジルでは人気の高いソーシャルネットワークを所有する以上に、何らかの策が必要である。

 ちなみに「maka」とはヘブライ語で打撃または一撃という意味である。おそらくFacebookに対するワンツーパンチを狙っているのだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集