logo

カーナビはもはやただの道案内役ではない--東京モーターショーレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 クルマのインフォメーションシステムといって、まず思いつくのはカーナビだろう。カーナビの役割は知らない場所への道案内だけではない。最近ではVICSなどによる渋滞情報取得も当たり前。幕張メッセで開催中の東京モーターショー2007では、さらに次の段階のシステムが展示されている。
 道案内という点では、アイシン・エィ・ダブリュ(アイシンAW)が進化した渋滞情報システムなどを展示している。従来は道路上のセンサを利用してVICSから渋滞情報や通過時間情報を得て走行ルートを決めていた。「プローブコミュニケーション交通情報」は実走行したクルマのデータをもとに平均的な渋滞情報を得たり、リアルタイム通信により、その時点での渋滞情報を共有したりすることができる。
Scroll Right Scroll Left

 クルマのインフォメーションシステムといって、まず思いつくのはカーナビだろう。カーナビの役割は知らない場所への道案内だけではない。最近ではVICSなどによる渋滞情報取得も当たり前。幕張メッセで開催中の東京モーターショー2007では、さらに次の段階のシステムが展示されている。
 道案内という点では、アイシン・エィ・ダブリュ(アイシンAW)が進化した渋滞情報システムなどを展示している。従来は道路上のセンサを利用してVICSから渋滞情報や通過時間情報を得て走行ルートを決めていた。「プローブコミュニケーション交通情報」は実走行したクルマのデータをもとに平均的な渋滞情報を得たり、リアルタイム通信により、その時点での渋滞情報を共有したりすることができる。

 クルマのインフォメーションシステムといって、まず思いつくのはカーナビだろう。カーナビの役割は知らない場所への道案内だけではない。最近ではVICSなどによる渋滞情報取得も当たり前。幕張メッセで開催中の東京モーターショー2007では、さらに次の段階のシステムが展示されている。  道案内という点では、アイシン・エィ・ダブリュ(アイシンAW)が進化した渋滞情報システムなどを展示している。従来は道路上のセンサを利用してVICSから渋滞情報や通過時間情報を得て走行ルートを決めていた。「プローブコミュニケーション交通情報」は実走行したクルマのデータをもとに平均的な渋滞情報を得たり、リアルタイム通信により、その時点での渋滞情報を共有したりすることができる。

-PR-企画特集